Matsushita's Blog

グローバルIPアドレスの利用 NAPT

NATとは

LANに接続した複数のPCからインターネットを利用するには、各PCのプライベートIPアドレスグローバルIPアドレスに変換する機能が必要。これの機能をNATという。

コンピュータはプライベートIPアドレスという住所をもっている。しかし、インターネットと接続する時は、このプライベートIPアドレスは使えなず、グローバルIPアドレスを使う必要がある。なぜならプライベートIPアドレスはプライベートな空間のみで使用可能だから。このプライベートIPとグローバルIPを変換するのがNAT。

NAPTとは

NAPTとは、ポート番号を使い1つのグローバルIPから複数のプライベートIPに変換できるようにする仕組み。 言い換えると、1つのグローバルIPで複数のコンピュータがインターネットできるようになる仕組み。

NATの欠点として、1つのグローバルIPからは1つのプライベートIPしか変換することができない。1つのグローバルIPで複数のプライベートIPが変換できたら経済的に嬉しい。そこで、プライベートIPからグローバルIPに変換する際にそのコンピュータのポート番号を使って上げてる。これによって、1つのグローバルIPから複数のプライベートIPに変換する時に、どのプライベートIPに変換すれば良いか識別できるようになる。

参考

http://wa3.i-3-i.info/word11979.html