Matsushita's Blog

バッファサイズの計算

バッファとは

バッファとは、処理速度の異なる装置間にデータを転送する際に、速度のギャップを埋めるためにデータを一時的に蓄える機能。

以下のような転送を考える。

装置A ---送信量S---> バッファ ---受信量R---> 装置B

装置Aは1秒当たり送信量Sに対して、装置Bの受信量はRである。また、S > Rの時、装置Bは受け止めきれない。 この時、バッファでは1秒間でS - Rのデータ量を位置保存すれば装置Bがパンパンになることを防げる。

バッファサイズの計算

上記の条件で、T秒間データを転送すると、バッファサイズはT * (S - R)必要になる。