Matsushita's Blog

仮想記憶システムのページング方式

主記憶

CPUが直接書き込みができるメインメモリの事。

仮想記憶

主記憶上にある実記憶領域の1部を必要に応じてハードディスクなどに退避させることで、見かけ上、物理的な容量より大きな主記憶領域を利用できるようにする仕組み。

ページング方式

仮想記憶システムにおいて、主記憶からハードディスク上にデータを退避させる時に、ページと呼ばれる一定の大きさの区画に分割して、ページ単位で内容を管理する方式。

主記憶の容量がパンパンになってきたら、使っていないページをハードディスクに退避させて、新しい容量を確保する。そのページを使いたくなったらハードディスクから取り出し、また新たなページをハードディスク退避させる。これによって実容量より大きな容量を使うことができる。